株式会社 野田建設(トッケン建築)の口コミや評判

公開日:2023/07/01 最終更新日:2023/10/13
株式会社 野田建設(トッケン建築)の画像
創業・設立創業1958年
許可大臣許可 特-4 第2509号
岐阜県知事登録 第3569号 岐阜県知事登録(14) 第1472号
問い合わせ電話・FAX・メールフォーム
TEL:0575-23-5555
会社情報株式会社 野田建設(トッケン建築)
〒501-3246 岐阜県関市緑ヶ丘2-5-78

愛知県と岐阜県で、大規模木造建築専門の業者を探している人は、トッケン建築のサービスがおすすめです。岐阜県関市に本社があり、愛知県江南市に営業所があります。トッケン建築は創業以来、低価格の追求と高品質のサービスを心がけている企業です。そこで今回はトッケン建築について詳しく解説していきます。

低価格と品質を両立する大規模木造建築専門のプロ集団

創業以来、低価格と品質アップを掲げています。最新の建築技術も取り入れながら、両立に励んでいます。

低価格の追求と高品質のサービス

トッケン建築は60年以上のキャリアがあります。創業以来守られているのが、低価格の追求と高品質のサービスです。近年は、建築技術のレベルが向上して、さらにコストダウンを実現できる可能性を秘めています。顧客にトッケン建築のサービスを満足して受けてもらいたいと考えています。

定期的にイベントを開催している

トッケン建築では、補助金申請に向けた無料見積もり出張相談会を開催しています。顧客のもとにスタッフが訪問する方法と、営業所で相談する方法を選択できます。また、無料で設計・事業計画の相談にも対応しています。大規模木造建築について困っていることがあれば、気軽に相談しましょう。

豊富な事例

これまで、ワイナリーの建築や特別養護老人ホームの建築に携わってきました。そのほかにも、幼稚園、商業施設、マンションなどの事例が豊富にあります。

トッケン建築の大型木造建築を採用するメリット

メリットを4つ紹介します。木造の優れた部分を最大限に活かしているのが、トッケン建築の特徴です。

耐震性に優れている

地震が発生したときに、揺れを面で支えるようになっているので、耐震性に優れています。接合部に負担をかけずに済むので、抜群の強度を誇っています。

耐火性に優れている

以前は、木造建築は火災が発生したときに弱いといわれていました。現在はそのようなことは無く、トッケン建築ではファイヤーストップ工法を採用しているので、火の侵入を防げるようになっています。

断熱性に優れている

夏と冬を室内で過ごしたときに、木造建築では快適に過ごせることが分かっています。夏は日差しを浴びても熱がこもりにくく、冬は室内の暖かさを外に逃しにくくなっています。その結果、エアコンの稼働時間が短くなり、光熱費の削減にも繋がります。

環境に優しい

木は再生可能な循環資源として、地球温暖化を防止する役割を担っています。

低価格で型木造・大規模木造建築を建てられる理由

6つの理由を紹介します。低価格で木造建築が可能な理由が明らかになっています。

2×4工法の規格化された設計と施工

トッケン建築は、木造ゼネコンとして2×4工法を採用しています。2×4工法は、耐震性と耐火性に優れていて、設計の自由度が高いのが特徴です。トッケン建築では、規格化された設計と施工を行っているので、そのぶん価格を抑えて顧客にサービスを提供できています。

基礎工事の費用を抑えられる

2×4工法のような木造建築では、基礎工事の費用を抑えられます。その理由は、木造は軽量なので地盤に負担を強いることが無いからです。それほど頑丈な地盤が求められていないので、そのぶん費用を抑えられるようになっています。経済的に工事を依頼したい人におすすめです。

工期が短い

木造建築の工期は、一般的におよそ4か月といわれています。鉄骨造の場合は、一般的におよそ5か月といわれているので、1か月も工期を短縮できます。そのぶん、人件費を抑えられるので、顧客の経済的な負担も軽減されます。

建築材料費を減らしている

住宅用の規格化された建材を使用しているので、コストを抑えられます。あらかじめ寸法が調整されているので、現場で建材を加工する手間がありません。そして、職人による技術力の差が生じにくくなっているので、品質も一定に保たれています。さらに、全国のパネル工場と提携しているので、効率的に建材を調達できています。

ワンストップサービス

中間マージンが発生しないので、顧客が負担する費用が軽くなります。また、企画構造設計から施工までをトッケン建築が担当しているので、顧客からの要望にスムーズに対応できます。そして、窓口が一本化されているので、顧客の手間がかからないだけではなく、社内の意思疎通も問題なくできています。

木造建築はキャッシュフローが有利

木造、鉄骨造、RC造の法定耐用年数は、それぞれ異なります。事務所の場合、木造の法定耐用年数は24年、鉄骨造は38年、RC造は50年といわれています。木造はほかの構造と比較すると、法定耐用年数が短いので減価償却費を多く計上できるメリットがあります。そして、最終的な解体コストもほかの構造と比較すると安いので、キャッシュフローが有利です。

まとめ

最近では、木造建築ではなく鉄骨造やRC造などを採用する業者が増加しています。トッケン建築は、木造建築のメリットを最大限に活かしながら、顧客の満足度を高めています。また、減価償却やキャッシュフローなどの経営者の視点からアドバイスできるので、財務状況について相談したいことがあれば、まずはイベントに申し込みましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【倉庫建築】おすすめの建設会社ランキング比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)株式会社内池建設(戦略倉庫)太陽工業株式会社株式会社横河システム建築大和リース株式会社株式会社ヤマウラ倉庫建築.com
特徴自由度の高い木造建築を、土地探しや設計から低コストでお任せできる1000通り以上のシミュレーションから、より顧客に合ったプランを提案膜構造建築物において世界シェアトップクラスを誇り、高い評価を受けている鉄骨と屋根に強く実績の豊富さと、低価格・短納期でありながら高品質計画を総合的にマネジメントしており、小規模から大規模まで対応可能!創業100年の歴史と実績あり!短納期と低コストを両立した倉庫建築を実現低コスト・短工期・高品質が売りのワンストップサービスを行う建築会社
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら