倉庫のレンタルとは?便利な保管スペースの提供とビジネスの支援

公開日:2023/12/15
倉庫のレンタル

家の中にある荷物をどこかに預けたい、会社の備品をどこかに預けたいという場合はどんなサービスを利用すればよいのでしょうか?一時預かりや長期預かり、物量によって利用できるサービスは異なるので、期間や荷物の量に合わせてサービスを選びましょう。今回はレンタル倉庫について解説します。

レンタル倉庫のメリットとニーズに合わせた選択肢

レンタル倉庫というのはどういったものか知っていますか?看板を見かけたことはあるけれど、具体的にはどんなものか知らないという方が多いのではないでしょうか。ここでは、レンタル倉庫のメリットと、使用する状況に応じた選択肢について解説します。

レンタル倉庫って何?

レンタル倉庫は荷物を預けられる倉庫のことです。不動産契約を行うので、賃貸物件のように利用できます。多くの場合、管理や保管責任は借主にあり、レンタル会社は管理や保管責任を負いません。また、似たようなサービスにトランクルームがあります。

レンタル倉庫とトランクルームの大きな違いは、契約形態の違いです。レンタル倉庫や貸し倉庫は賃貸借契約を結び、借主が荷物の管理や責任を負います。一方、トランクルームは委託契約を結び、荷物の出し入れやセキュリティ管理などはトランクルームの管理者が行います。

レンタル倉庫は大型のもの、トランクルームは小型のものを預けるのに適しています。また、トランクルームはひとり暮らしの方向けに省スペース、低料金からサービスを提供していることが多いです。

レンタル倉庫は場所を借りたうえで、そこに荷物を預ける、トランクルームは業者に荷物を預けるという違いがあります。レンタル倉庫とトランクルームでは契約内容も異なるので、どちらを利用するのか内容を確認し、利用方法に合った選択をしなければなりません。

また、レンタル倉庫もトランクルームという名称で呼ばれていることもあるので、利用しようと思っているサービスがどちらなのか確認の上で利用しましょう。

レンタル倉庫のメリットは?

レンタル倉庫のメリットは大きな荷物や大量の荷物を預けておける点です。トランクルームは小さなスペースのことが多いですが、レンタル倉庫は大型のスペースを提供しているところも多くなっています。

建築資材のような大きかったり重かったりするものでも運び込めるのがメリットです。賃貸契約を結ぶため、賃貸物件と同じように扱える、自由に荷物を運んだり出したりできる、鍵を自分が持てるという自由度が高い点がメリットです。

倉庫の広さや設備、セキュリティについての確認

レンタル倉庫を借りる際はどんなポイントを確認すればよいのでしょうか。注目するべきポイントについて解説します。

費用や設備のバランスをチェックする

レンタル倉庫は荷物を置くだけだから安いところでよいだろうと思って契約すると、倉庫が古く大雨や台風で水が入り、荷物がカビてしまう場合もあります。そのため、湿気に弱い大事な荷物を保管する場合は、ある程度費用が高くてもメンテナンスがしっかりしていて、トラブル時に対応や補償がある倉庫を借りるのがおすすめです。

また、広さや借りる期間によっても費用は大きく異なります。一般的に、長期的に借りるほど費用は安くなります。最初から長期利用する可能性が高い場合は、長期レンタル割などの割引があるところを選ぶと費用の節約になるでしょう。

セキュリティ面について確認しておく

レンタル倉庫の管理や荷物の保管は基本的に借主が行います。もし荷物が盗難にあったり鍵を壊されたりしたときの補償がどうなっているのかは、契約前に確認しておいた方が安心です。

また、セキュリティや防犯は借主が基本的に行わなければならないので、倉庫周りの立地をよく確認しておきましょう。広い道路からよく見える、大雨や台風で浸水しにくいなどの立地のところがよいでしょう。

レンタル倉庫の柔軟な契約条件とビジネス活動への貢献

レンタル倉庫はどのように利用するのが賢い使い方なのでしょうか?活用方法について解説します。

オフィスに置ききれない備品を置く

レンタル倉庫は賃貸契約を結ぶため、荷物の出し入れや管理は借主が行います。倉庫の使い方はルールを守れば自由です。倉庫内は生き物や生鮮食品、危険物などの持ち込みは禁止です。利用する際は規約を確認しましょう。オフィスに置ききれない書類や電化製品などを倉庫に収納することで、すっきりとしたオフィスを利用できます。

個人も活用できる

近年、リモートワークが当たり前になり、自宅で仕事をする方も増えてきました。オフィスワークだけでなくネットオークションでの取引、ハンドメイド作家など自宅以外のスペースを必要とする方もいるでしょう。

そういった場合は貸し倉庫を借りることで、家には置けない荷物を倉庫に保管できます。管理は自分で行わなければなりませんが、賃貸契約のためルール内で柔軟に利用できるのがレンタル倉庫のメリットといえます。

まとめ

レンタル倉庫は契約を結ぶことで荷物を保管できます。業務の拡大やオフィスの引っ越し、個人での事業での利用、海外赴任などさまざまな理由で荷物を預けたいという場合があるでしょう。レンタル倉庫は、借りている間は荷物の出し入れや管理を自由に自分で行えるというメリットがあります。保管、セキュリティなどは借主が基本的に行う必要があるので、立地のよい倉庫を選ぶのがおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【倉庫建築】おすすめの建設会社ランキング比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)株式会社内池建設(戦略倉庫)太陽工業株式会社株式会社横河システム建築大和リース株式会社株式会社ヤマウラ倉庫建築.com
特徴自由度の高い木造建築を、土地探しや設計から低コストでお任せできる1000通り以上のシミュレーションから、より顧客に合ったプランを提案膜構造建築物において世界シェアトップクラスを誇り、高い評価を受けている鉄骨と屋根に強く実績の豊富さと、低価格・短納期でありながら高品質計画を総合的にマネジメントしており、小規模から大規模まで対応可能!創業100年の歴史と実績あり!短納期と低コストを両立した倉庫建築を実現低コスト・短工期・高品質が売りのワンストップサービスを行う建築会社
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら