倉庫建築は補助金が出る?経済的な支援を受けて効率的な保管施設を建設しよう!

公開日:2024/01/15
補助金

多くの企業はオフィスを持っていますが、業種によっては必要なのはオフィスだけではありません。倉庫や工場の建設が新たに必要なケースがありますが、建物を建設するにはコストがかかります。なるべくコストをかけずに倉庫を建てるためには、補助金を活用しましょう。今回は倉庫を建てる際に活用できる補助金について解説します。

倉庫建築における補助金制度の概要とメリット

大きな倉庫を建設するにはコストがかかります。なるべくコストをかけずに建てたいところですが、削れるところがあるのかどうか頭を悩ませて削ってみるよりも、まずは補助金が活用できるか確認してみてはいかがでしょうか。

そもそも補助金制度とは?

補助金という単語はよく聞きますが、どんなものか知っているでしょうか?地方自治体や国は、今問題になっている事柄に関して政策を練って問題解決に向けて対応しています。補助金とは、問題解決に協力してくれる企業に対して補助金を出すことで助成する制度です。

近年は環境問題に対して対策を行う企業や、感染症対策を行う企業に対して補助金が出されてきました。企業が補助金を活用したいという場合には、地方自治体や政府の出している補助金に公募して申請が通れば補助金が使えます。

また、補助金は公募したときに条件をクリアしていればOKというわけでなく、多くが継続的な取り組みを行っているかも重要視されます。そのため取り組みを継続していなかった場合、補助金の交付が打ち切りになるケースも考えられるでしょう。

補助金を活用するメリットとは?

新規事業をスタートする、事業を拡大する際に倉庫をつくらなければいけない場合、倉庫の建築費以外にもコストがかかるでしょう。人件費や広告費、開発費など建設費にもさまざまな費用がかかります。

そのため、倉庫の建設費用について補助金を活用することによりコストダウンできれば、事業の全体的なコストダウンにつながるため、ほかに費用をかけたいところに費用をかけやすくなります。

倉庫を建てる際に活用できる補助金は?

倉庫を建てる際に活用できる補助金制度をいくつか解説します。

・事業再構築補助金

この補助金は新型コロナウイルスによって変化した時代や経済社会に対応するため、事業を再構築しようとしている企業に支給されます。新型コロナウイルスの影響により売り上げが減少している、事業の再構築の予定があるなどの支給条件があります。建物費、技術導入費、研修費などが項目対象となっています。

・サプライチェーン対策補助金

この補助金は経済産業省のもので、工事の建設や設備に必要な費用を補助する内容となっています。新型コロナウイルスの影響でサプライチェーンが弱体化しているのが現状です。

そのため、工場などの製造業に補助金を支給することにより、製品や素材が円滑に供給されることを目指すものです。製造業の建設費、工場の設備機器装置費などが補助の対象になっているので、対象になりそうな場合は条件をチェックしてみましょう。

補助金の申請条件と手続きの解説

補助金の申請をするには条件や手続きの方法を確認する必要があります。どういった点に注意すればよいのか解説します。

条件をしっかり確認する

補助金には条件や交付額が決まっています。そのため条件を満たしていない場合は補助金が活用できないため、まずは条件をしっかり確認することが大切です。補助の対象は全企業なのか中小企業なのか個人事業主なのかは制度によって異なります。

そのため対象に入っているのかをまず確認しましょう。そして支給条件を満たしているか、公募期間が過ぎていないか、補助金額はどれくらいかを確認の上、公募する必要があります。

公募の手続きについて

近年はjGrantsというシステムが申請に使用されることが多いので、申請の仕方をチェックしておきましょう。デジタル庁が運営する補助金の電子申請システムになっています。

アカウントを取得し、システムから申請、審査結果の通知、申請が通った場合は申請が行えます。ほかにも郵送限定、持ちこみ限定といった公募を行っている場合もあるので申請方法は確認が必要です。

経済的な支援を受けて効率的な倉庫建築を実現する成功事例

長野県は高額な補助金制度を実施することで企業誘致を行ってきました。補助金制度を充実させた長野県には人が流入し、企業が誘致され倉庫や工場が増えています。補助金制度は、企業だけでなく地方自治体にも魅力的な人や企業の誘致というメリットがあり、地方の活性化も期待できるということが分かるでしょう。

また事業再構築補助金を活用した一例を挙げると、建設事業費がおよそ2億円のところ、6千万円の補助金が採択され、補助金を使い建設物を建てられました。補助金によっては高額な補助金が活用できるので、しっかり制度を理解して申請する計画性が必要になります。

まとめ

大きな倉庫を建てるとなると費用がかかります。新しい事業や部署を立ちあげるにも費用がかかるので、建設物に関するコストはなるべく抑えられるとよいですよね。とくに中小企業にとって不況の中、大きな建物を建てる費用を捻出するのは大変です。

しかし補助金を活用すれば倉庫を建てるのにかなりの節約が期待できます。政府や自治体により補助金制度は異なるので、活用できるものはないかチェックし、応募していきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【倉庫建築】おすすめの建設会社ランキング比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)株式会社内池建設(戦略倉庫)太陽工業株式会社株式会社横河システム建築大和リース株式会社株式会社ヤマウラ倉庫建築.com
特徴自由度の高い木造建築を、土地探しや設計から低コストでお任せできる1000通り以上のシミュレーションから、より顧客に合ったプランを提案膜構造建築物において世界シェアトップクラスを誇り、高い評価を受けている鉄骨と屋根に強く実績の豊富さと、低価格・短納期でありながら高品質計画を総合的にマネジメントしており、小規模から大規模まで対応可能!創業100年の歴史と実績あり!短納期と低コストを両立した倉庫建築を実現低コスト・短工期・高品質が売りのワンストップサービスを行う建築会社
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら