株式会社横河システム建築

公開日:2022/07/02 最終更新日:2023/10/06
倉庫建築ガイドのランキングアイコン

株式会社横河システム建築

株式会社横河システム建築

おすすめポイント

ポイント1 yess建築を提供している
ポイント2 太陽光発電システムにも対応
ポイント3 110年以上の歴史がある

鉄骨と屋根に強く実績の豊富さと、低価格・短納期でありながら高品質

株式会社横河システム建築は意匠性に優れていることや自由度の高さが特徴のyess建築の提供を行っています。自社開発した構造解析ソフトによってフレーム断面を算出し、超高層ビルなどで使用する高張力材を採用しているため、大空間を実現できているのが魅力です。そして、1ミリ単位でフレキシブルに要望に応えることが可能なので、細かい部分までこだわりたい場合に最適です。

基本情報

創業・設立 2001年
許可 建設業許可
国土交通大臣許可(特-3)第19455号
工場認定
国土交通大臣認定
TFBH-214398
問い合わせ 電話・メールフォーム
会社情報 株式会社横河システム建築
〒273-0026
千葉県船橋市山野町47-1 横河ウエストビル 1階

日本で最初の橋梁・鉄骨メーカーとして創業した横河橋梁製作所(現:横河ブリッジホールディングス)の事業会社として独立したのが、株式会社横河システム建築です。

横河ブリッジホールディングスの鋼構造物に関する技術を継承し、システム建築と大型稼働建築物等を扱う特殊建築事業の2点が主な事業です。今回は、横河システム建築が担っている建築の概要と、魅力について説明します。

TABLE

【倉庫建築】おすすめの建設会社ランキング比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)株式会社内池建設(戦略倉庫)太陽工業株式会社株式会社横河システム建築大和リース株式会社株式会社ヤマウラ倉庫建築.com
特徴自由度の高い木造建築を、土地探しや設計から低コストでお任せできる1000通り以上のシミュレーションから、より顧客に合ったプランを提案膜構造建築物において世界シェアトップクラスを誇り、高い評価を受けている鉄骨と屋根に強く実績の豊富さと、低価格・短納期でありながら高品質計画を総合的にマネジメントしており、小規模から大規模まで対応可能!創業100年の歴史と実績あり!短納期と低コストを両立した倉庫建築を実現低コスト・短工期・高品質が売りのワンストップサービスを行う建築会社
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

株式会社横河システム建築の特徴①110年以上の歴史が培った技術

株式会社横河システム建築の画像21907年に、工学博士である横河民輔が創業した横河橋梁製作所がきっかけであり、そこから110年以上にわたり培ってきた、鋼構造物に関する技術を継承しています。

横河民輔は濃尾大地震を目の当たりにしたことで、まだ当時は浸透していなかった耐震性に着目し、日本で初めての鉄骨建築である旧三井総本店を設計しました。

そのため、横河民輔は鉄骨建築の先駆者と呼ばれています。両国国技館や六本木ヒルズなど、誰もが知っているような建物の鉄骨製作にも携わっています。

自社ブランドのyess建築事業

yess建築事業は自社ブランドであるシステム建築事業で、事業を開始した1989年から現在にいたる34年もの間に、約1万1,000棟の実績を残しており、これはシステム建築業界でトップに君臨しています。

これだけの実績を残した背景に、横河システム建築が大空間の建築を得意としており、低価格で短納期を実現していることが挙げられます。また現場での建築だけではなく、設計から携わり、現場で使用する部品を自社で施工することにより品質が保たれています。

システム建築メーカーで自社工場を携えているのは、横河システム建築だけであることからも、そのこだわりの高さが伺えます。

特殊建築事業

特殊建築事業は、具体的に大型開閉スタジアムやプール等が併設されたスポーツ施設から、ハワイ天文台のすばる望遠鏡の大型シャッター装置など、国内外を問わず展開されているさまざまな用途の大型可動建築物を指しています。

近年では、海外から直接引き合いがなされているほどであり、可動建築物のトップメーカーとして名が知られています

可動技術と、上記の110年以上培ってきた鋼構造物の技術が合わされば鬼に金棒であり、さまざまなニーズに応えることができます。

株式会社横河システム建築の特徴②独自に標準化されたシステム建築

株式会社横河システム建築の画像3システム建築とは、建物を構成している部品を標準化することで、建築手順もシステム化できて、建築自体を商品化した建築のことを指します。

いちから設計や部品など設定や検討しなくて済むので、早く進められる結果、人件費などの低コスト化も見込めます。yessシステム建築は、横河システム建築が編み出したオリジナルのシステム建築の製品名です。

優れた意匠性

標準化されているということは、独自性の高い建築物を設計するのは困難かと思われるでしょうか?

しかし標準化されているからこそ、意匠性に優れており、目的や用途に合わせて寸法はもちろん、デザインも自由度の高い設計を可能にしているのがyessシステム建築です。

建物の形状と寸法をコンピューターに入力すれば、独自開発した生産システムにより作図から生産データを作成でき、1ミリ単位での設計が可能です。

こだわりのフレームと屋根

構造解析ソフトを自社開発しており、フレーム断面を算出できます。この技術により、超高層ビルや橋梁で用いている高張力材を採用し、最大無柱スパン60mで中間柱を設定しても最大120mの非常に広い空間を実現できました。

屋根には、自社で生産された防錆性能に優れているガルバリウム鋼板の屋根パネルと、表皮材がついているグラスウールマットが採用されており、高い断熱性で夏でも快適に過ごせます

性能の高い素材を使っているなら、お値段も高いのではないかと心配かもしれませんが、一般的な折板と結露防止用裏貼り材とほぼ同じ費用で実現可能です。

屋根の設計にもSSルーフ、SSダブルルーフ、PXルーフ、PWルーフ65、そしてPリブルーフと5種類あり、状況に応じたものを選べます。

株式会社横河システム建築の特徴③開閉屋根のトップメーカー

株式会社横河システム建築の画像4システム建築でも屋根にこだわりがあるように、特殊建築事業でも屋根、とくに開閉屋根のトップメーカーとして横河システム建築は知られています。

横河システム建築が最初に作った開閉式の屋根は、農林省から発注された農業試験用の可動式屋根でした。農業試験において、作物の日照時間を制御するために日光を当てる量を調節するため、屋根を電動で開閉する必要があったというわけです。

そこから、学校や運動公園にある全面ガラス張りの開閉式プール屋根を手掛けていましたが、徐々にドームやスタジアムの大型建築物の開閉式ドームに携わっていくようになりました。

安全面もお墨付き

横河システム建築の開閉式の屋根は、実験を重ねたうえで作られているので、安全面も優れています。

スムーズな開閉の動きに、非常時に作動する停止性能、屋根が閉じている際の雨仕舞性能など、さまざまな着眼点で安全面がチェックされています。開閉式の建物として、初めての個別構造評定の審査を受けることもできました。

株式会社横河システム建築の特徴④さまざまなスタジアム

株式会社横河システム建築の画像5横河システム建築が手掛けたスタジアムには、さまざまなスタイルのものがあります。

豊田スタジアム

豊田スタジアムは、トラス梁の間に空気膜構造が設定されており、空気の圧力により屋根が開閉する仕組みになっています。凹凸状のキールトラスに沿って走行するという、世界的に見ても非常に複雑な構造のスタジアムです。

ノエビアスタジアム神戸

ノエビアスタジアム神戸は、2002年にサッカー日韓W杯で使用されたスタジアムで、W杯終了後に仮設スタンドを撤去し開閉屋根に施工しました。開閉屋根の運転回数は2,100回を超えており、世界一の回数記録ともいわれています。

香港沙田競馬場

香港沙田競馬場とは香港にある競馬場で、取り付けられている全天候型パドックの開閉式屋根は世界で初めて施工されました。

競馬場ですがパーティーやイベントにも利用されており、その美しいデザインから、香港でのランドマーク的な存在として今もたたずんでいます。

まずはお問い合わせしてみよう!

横河システム建築は、日本に留まらないグローバルな記録を残している建築会社です。低コストでありながら優れた品質と意匠性を誇り、システム建築業界No.1の実績を積み上げています。

坪単価あたりの建築費用の参考としては、「yess Builders Net」を確認してみると、yess建築の高いコストパフォーマンスが実感できるでしょう。より詳しい予算は、まずはお問い合せして、直接相談がおすすめです。

【倉庫建築】おすすめの建設会社ランキングはこちら

サイト内検索

【NEW】新着情報