倉庫建築は鉄骨造と木造どちらを選ぶべき?メリット・デメリットを解説

公開日:2023/05/25

メリットデメリット

倉庫建築の一般的な構造は、大きく分けて鉄骨造と木造がありますが、どちらを選ぶべきなのでしょうか?鉄骨造倉庫と木造倉庫はそれぞれ特徴があるため、倉庫の目的に応じて適切な選択が必要です。この記事では、倉庫建築の構造を鉄骨造・木造にした際のメリット・デメリットについて詳しく解説しているので参考にしてください。

鉄骨造の倉庫のメリット・デメリット

鉄骨造とは、柱などの骨組みにH形、山形などの鋼材を使用した建物のことです。鉄骨造の倉庫は、構造部分に木材よりも強い鋼材が使われているため、木造にくらべて耐久性に優れています。鉄骨には強度があるため、建物を支える柱や壁が少なくても、広い空間を確保できるのです。

さらに、耐荷重性があるため、重量物や大型機械の大量保管に最適。劣化が少なく、メンテンナンス頻度が低いため、安全性が高いのも特徴です。また、金属は燃えにくいため、耐火性能が高いのも特徴でしょう。

さらに、建材を工場で作るため、品質が安定しています。倉庫の完成度にばらつきが出ないことも、鉄骨造が安心できる要素です。一方で、鉄骨造は工期が長く、建築コストは木造に比べて高くなるというデメリットがあります。

鉄骨造は壁が少なくても建築できることから、気密性や断熱性が劣る傾向も。断熱材をしっかりと配置しなければ、夏は暑く、冬は寒い倉庫になりかねません。

倉庫で頻繁に作業することが想定される場合は、鉄骨造を検討する場合は、壁を少なくしないこと、断熱対策を入念にすることを考えましょう。また、鉄骨は木材よりも重量が重いため、弱い地盤であった場合は強化が必要です。

以上のように、鉄骨造は、強度はあるものの、重量が重くなるという特徴があるため、しっかりと把握した上で設計しましょう。

木造の倉庫のメリット・デメリット

木造とは、柱や梁に木を使った建造物のことです。木造の倉庫は、施工期間が短く、コストも抑えられる利点があります。材料となる木は軽量で柔軟性があり安価です。よって、小規模な倉庫に適しています。

また、木材は断熱性に優れており、材料自体が呼吸するため、湿度管理しなければならないものの保管に適しているのです。一方で、強度や耐久性は劣るため、重量物の保管には向きません。

また、強度の関係から木造倉庫は壁や柱が多くなり、大きなものの保管には適さないことが多いです。メンテナンス性が悪いのもデメリットでしょう。とくに木はシロアリの被害に会いやすく、倉庫の環境が悪いと大繁殖してしまいます。

定期的なシロアリ駆除を必要とするなど、メンテナンスに費用と手間がかかることを覚えておきましょう。加えて、材料は自然物であるため、加工精度にばらつきが出てしまいます。よって、倉庫の品質は建築する職人の技術に左右されることにも注意が必要です。

さらに、火に弱いため、しっかりと防火を考えることが求められます。木造の倉庫には、断熱性が高く安価ですが、小規模な倉庫にとどまり、火災に弱いのが特徴。特徴をうまく活用することが重要です。

目的に沿ってどちらを選ぶか決めよう

倉庫建築では、保管するものや保管物の性質、予算、必要とするスペースなどを考慮し、鉄骨造と木造のメリット・デメリットを考慮して決定しましょう。まず、保管するもので判断します。鉄骨造の高い強度により、重量物を多く保管しても不安が少ないです。

また、強度が高いため、壁が少なく済み、大きなものも搬出入が楽でしょう。しかし、湿度に弱い紙などを保管するのには、湿度を吸収する木造の倉庫を選択するのがよいです。

大規模な保管スペースを必要とせず、小規模な運用には木造が適しています。また、鉄骨造よりも安価であるため、安く倉庫を建てたい場合には木造を選択するのがおすすめ。

以上のように、倉庫建築は、耐久性や安全性、保管するもの、倉庫の規模などを考慮して構造を選択することが重要です。迷ったときは、建築業者に相談するのがよいでしょう。

ここでとりあげたメリット・デメリットは一般的な傾向です。倉庫建築における豊富な経験と知識をもつ施工業者であれば、用途にマッチした最適な材質や設計の提案が受けられるはずです。

また、どちらかの構造に特化した建築業者であれば、コストの問題をカバーできるかもしれません。倉庫建築では、構造によって、倉庫の特徴が異なります。倉庫に何を保管するのか、耐火性が必要か、高コストの許容はできるのかなどをよく検討して選ぶことが大切です。

まとめ

ここまで、倉庫建築の構造に鉄骨造や木造にするメリット・デメリットについて詳しく解説してきました。鉄骨造と木造のどちらを選択するかは、メリット・デメリットを考慮して適切な構造を選択しましょう。

鉄骨造は強度や耐久性に優れ、保管スペースの大きな大規模倉庫や防火性が求められる場合に適しています。一方、木造は軽量でコストを抑えられ、断熱性、調湿性がありますが、耐久性や防火性は鉄骨造に劣ることを覚えておきましょう。

倉庫建築の構造で迷った際は、建築業者に相談することもおすすめです。最適な材質を選び出し、思い通りの倉庫建築が期待できます。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【倉庫建築】おすすめの建設会社ランキング比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)株式会社内池建設(戦略倉庫)太陽工業株式会社株式会社横河システム建築大和リース株式会社株式会社ヤマウラ倉庫建築.com
特徴自由度の高い木造建築を、土地探しや設計から低コストでお任せできる1000通り以上のシミュレーションから、より顧客に合ったプランを提案膜構造建築物において世界シェアトップクラスを誇り、高い評価を受けている鉄骨と屋根に強く実績の豊富さと、低価格・短納期でありながら高品質計画を総合的にマネジメントしており、小規模から大規模まで対応可能!創業100年の歴史と実績あり!短納期と低コストを両立した倉庫建築を実現低コスト・短工期・高品質が売りのワンストップサービスを行う建築会社
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら