格安で倉庫建築が可能?予算に合わせて、経済的な建築を!

公開日:2024/02/15

格安で倉庫を建築するにはどうすればよいのでしょうか?一般的に倉庫は建てやすい建物です。理由は、内部に部屋を造る必要がなく、体育館のように広い空間にすればよいからです。そのため柱と梁を組み立てたら、あとは屋根や外壁材を設置すればすぐに完成します。今回は、格安倉庫建築の予算削減のポイントについて詳しくご紹介します。

格安倉庫建築のメリットと予算削減のポイント

格安で倉庫を建築するとどんなメリットがあるのでしょうか?こちらでは格安倉庫建築のメリットと予算削減のポイントについて詳しくご紹介します。

格安倉庫建築のメリットとは何か?

格安倉庫建築のメリットは建築コストを削減できることです。次に、格安倉庫建築の予算削減のポイントについて詳しくご紹介します。

ポイント① 建築工法を変更する

1つ目のポイントは建築工法を変更することです。建築工法を変更すると、かかる建築費が変わるので予算を削減することができます。

格安で倉庫を建築することができる建築工法には、テント建築工法・プレハブ建築工法・システム建築工法などがあります。一般的にはテント建築工法にすることで倉庫を格安で建築することが可能です。

ポイント➁ 建築面積をサイズダウンする

2つ目のポイントは建築面積をサイズダウンすることです。建築面積をサイズダウンすると、設計費・材料費・作業員の人件費などの経費がすべてサイズダウンするので予算を削減することができます。

平面図からみて、現在のサイズよりも内側に1メートル縮小するだけで、かなり金額が抑えられ倉庫を格安で建築することが可能です。

ポイント➂ 建築部材をグレードダウンする

3つ目のポイントは建築部材をグレードダウンすることです。建築部材をグレードダウンすると、建築部材費が大きく下がるので予算を削減することができます。

一般的に長く倉庫を持たせるには、高い建築部材を使った方がよいです。逆に倉庫の期限を決めて建てる時には、わざわざ高い部材を使わずに、安い部材を使うことで倉庫を格安で建築することが可能です。

ポイント④ 複数の業者に相見積もりをだしてもらう

4つ目のポイントは複数の業者に相見積もりをだしてもらうことです。複数の業者に相見積もりをだしてもらうと、他社よりも安い価格で見積りをだす業者がいるので予算を削減することができます。

業者のなかに規模が小さな業者を入れることで、自社で受注するために見積りを大きく引き下げるので、倉庫を格安で建築することが可能です。

コスト削減につながる素材選びと効率的な設計

素材選びで、建築コストを削減することができます。こちらではコスト削減につながる素材選びと効率的な設計について詳しくご紹介します。

素材の品質を落とすことでコスト削減につながる

格安で倉庫を建築するには、素材の品質を落とすことでコスト削減につながります。主に、次の素材の品質を落とすことができます。

①躯体:躯体とは柱・梁などの構造材のことです。
②屋根材:屋根材とは屋根に貼るスレート・ガルバリウム鋼板などのことです。
③壁材:壁材とは壁に貼るスレート・サイディング・トタン・ALC(軽量気泡コンクリート)などのことです。

素材は頑丈なものから、強度が低いものまでさまざまあります。具体的には強度が低い素材を選ぶことで、コスト削減につなげることが可能です。

効率的な設計をすることでコスト削減につながる

格安で倉庫を建築するには、効率的な設計をすることでコスト削減につながります。具体的には、プレハブ建築工法で設計することで格安で建てられます。

プレハブ建築工法は、柱を6mごとに建てる必要がある建築工法です。そのためパターンが一緒なので、非常に設計が簡単にできます。プレハブ建築工法を選ぶことで、コスト削減につながります。

格安倉庫建築の成功事例と節約術の紹介

格安倉庫建築にはどんな成功事例があるのでしょうか?こちらでは格安倉庫建築の成功事例と節約術について紹介します。

システム建築工法で坪単価9.9万円(税込)

格安倉庫建築の成功事例には、システム建築工法で坪単価9.9万円(税込)があります。システム建築工法とは、部材が標準化されていることから工場での大量生産が可能な建築工法のことです。

メリットは部材が安く造れ、作業員の人件費なども安く、工期も短くて済みます。坪単価9.9万円(税込)なので、100坪建てても990万円(税込)で格安で倉庫を建てることが可能です。

格安で倉庫を建築する節約術の紹介

格安で倉庫を建築する節約術とは、倉庫を自社施工することです。プレハブ建築工法やシステム建築工法であれば、それほど難しくなく経験者が1人いれば、あとは未経験者でも建てることができます。

自社施工をすることで、材料代・人件費などを削減することができ、建築コストを大幅に節約することが可能です。

まとめ

今回は、格安倉庫建築の予算削減のポイントについてご紹介しました。今回のポイントをまとめると、格安倉庫建築の予算削減のポイントとは建築工法を変更すること、建築面積をサイズダウンすること、建築部材をグレードダウンすること、複数の業者に相見積もりをだしてもらうことなどです。

基本的に、坪単価を比べることで、できるだけ格安で倉庫を建築することができます。本記事が格安倉庫建築の予算削減のポイントについて詳しく知りたい方に届けば幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【倉庫建築】おすすめの建設会社ランキング比較表

イメージ






会社名ローコスト工房(株式会社三幸住研)株式会社内池建設(戦略倉庫)太陽工業株式会社株式会社横河システム建築大和リース株式会社株式会社ヤマウラ倉庫建築.com
特徴自由度の高い木造建築を、土地探しや設計から低コストでお任せできる1000通り以上のシミュレーションから、より顧客に合ったプランを提案膜構造建築物において世界シェアトップクラスを誇り、高い評価を受けている鉄骨と屋根に強く実績の豊富さと、低価格・短納期でありながら高品質計画を総合的にマネジメントしており、小規模から大規模まで対応可能!創業100年の歴史と実績あり!短納期と低コストを両立した倉庫建築を実現低コスト・短工期・高品質が売りのワンストップサービスを行う建築会社
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら